HOME » そもそも医療脱毛とは?不安解消Q&A » どうやって脱毛するの?

どうやって脱毛するの?

このページでは、医療機関で受けられるレーザー脱毛のプロセスやレーザーを使う医療脱毛のメリットとデメリット、エステとの違いなど脱毛方法がどういうものかを説明します。

どんな方法で施術する?医療脱毛の仕組みとは

医療脱毛とは文字通り医療機関で行う脱毛で、一般的にはレーザー脱毛を意味します。

医療機関によって導入している脱毛機器が違うので、方式は複数ありますが、ダイオードレーザーアレキサンドライトレーザーが主流といえるでしょう。

脱毛する仕組みとしては、レーザー光線によって体毛と毛母細胞を破壊して、体毛が生えないようにするもの。破壊というとイメージが悪いかもしれませんが、レーザーは黒い色素にだけ反応するので、皮膚に当てることで、毛穴から見える体毛にレーザーが吸収され、熱によって毛母細胞も破壊されるというわけです。

施術直後は毛穴の中に黒い点が残っているように見えますが、ある程度時間が経てば、これらは毛穴から抜け落ちていくので安心してください。

なお、レーザー脱毛の施術は1回きりではなく、毛周期に合わせて複数回行うことで、毛母細胞をなくして脱毛が完了します。

医療脱毛(レーザー脱毛)の施術の流れ

医療機関で受けられるレーザー脱毛の一般的な施術の流れについて、詳しく紹介していきます。

1.カウンセリング

カウンセリングは施術の内容に関する説明・注意事項を受けるとともに、毛質・毛量・肌質などがどの程度かチェックを行います。チェックしたことにより施術回数や料金などが分かってくるはずです。

カウンセリングで特にやっておきたいのは、不安や疑問などを徹底的に質問・相談すること。その時の医師や看護師の対応を見て、良いクリニックかどうか判断できます。あらかじめ質問内容をまとめておくといいかもしれません。衛生面などについても質問しておきたいですね。

以下に、カウンセリングの際に聞いておくべきポイントを挙げています。

【カウンセリング時のチェックポイント】

  • 施術はどれくらいのレベルまで対応してくれるか
  • 施術に通う期間はどの程度か
  • 料金システムの詳細はどのようになっており、トータルの脱毛費用はいくらかかるか
  • 途中で施術をキャンセルした場合はどうなるのか
  • トラブルの可能性はどんなものがあるか
  • もしトラブルが起こったらどういう対処をしてもらえるか、治療費などは負担してもらえるのか など

2.施術当日

【脱毛前に確認しておきたい注意点】

施術前に毛抜きを使って自己処理をしてしまうと毛根がなくなるため、レーザーを当てても脱毛の効果が得られません。カミソリやシェーバーで毛を剃りましょう。

毛剃り自体は安全に脱毛できる方法ですが、体への負担がない訳ではないのでしっかり体調管理を行うことが大切。生理期間は施術不可のクリニックもあるため、施術可能かどうかあらかじめ相談しましょう。

施術後は肌を守るために紫外線を避ける必要があるため、脱毛箇所を覆うことができる服装で行くのがベストです。

【脱毛本番】

  • 看護師さんが肌質などを見ながら脱毛箇所に残った毛をシェーバーで処理し、脱毛箇所を消毒します
  • 目の近くの産毛などを脱毛する場合、レーザー照射から目を守るためゴーグル・専用コンタクトレンズを着用
  • 脱毛箇所のメラニン量を測ってレーザー出力を調整
  • 照射漏れが起こらないように脱毛箇所をマーキンングします
  • 皮膚の表面保護や痛み・炎症を軽減するため、冷却ジェルを塗布
  • テスト照射を行い皮膚の反応を確認した後、レーザーを当てていきます
  • 照射後は消毒してアイスパックなどで冷却し、消炎剤を塗って終了

3.アフターケア

施術後、数日~1週間ほど経つと毛が生えてくるように感じるかもしれませんが、これは処理した毛が肌表面に押し上げられてきた証拠。しばらくしたら自然と抜け落ち、徐々に毛穴が小さくなって肌がスベスベになっていくのが分かると思います。

施術回数を重ねていくと毛が細くなり、自己処理後の肌荒れもなくなっていくのが実感できますよ。

【施術後の注意事項】

  • 炎症やシミの原因につながるため、紫外線に気をつけて日焼けしないようにしましょう
  • 飲酒や辛いものなどの刺激物の摂取、スポーツなど血行が良くなるような行動は避けましょう
  • お湯に浸かるのはおすすめできないので、施術した日はぬるめのシャワーを浴びるくらいにすること。その際、脱毛箇所をゴシゴシ洗うのは肌に良くありません
  • お肌の保湿などしっかりとケアしていきましょう
  • しばらくしても赤みや腫れがひかない、痛みが残るなど症状が改善しない時は医師にすぐ相談しましょう

レーザーによる医療脱毛のメリットとデメリット

レーザー脱毛という方法を採用する医療脱毛にはメリットとデメリットとがあるので、簡単に整理してみましょう。

医療脱毛のメリット

  • 光脱毛などと比べて効果が出るのが早く目視できる
  • 一度に施術できる範囲が広い
  • 通院回数が比較的少なくて済むのでトータル費用も安くなる
  • 施術に際して体毛を伸ばしておく必要はない

医療脱毛のデメリット

  • 個人差はあるものの施術には傷みが伴う
  • レーザーの熱による火傷を起こす場合がある
  • 日焼けした肌のヒトや妊娠中は施術できないことがある
  • 白髪や産毛には脱毛効果が見られないことがある

エステサロンの光脱毛のメリットとデメリット

レーザー脱毛が主流の医療脱毛に対して、エステサロンでは光脱毛が主流。これは黒い色素に吸収されやすい波長の光を当てることで毛母細胞を破壊する方法です。

使用する機器やネーミングなどはサロンによって違いがありますが、一般的には以下のようなメリットとデメリットがあります。

光脱毛のメリット

  • 比較的施術の際の傷みが少ない
  • 一度に施術できる範囲が広い
  • メニュー料金としては安価なケースがある

光脱毛のデメリット

  • 歴史がやや浅く安全面や長期効果には不安がある
  • 効果が目視できるまでの回数が多めになる
  • 火傷などの肌トラブルを起こす場合がある
  • 施術者による技術のバラツキが大きい

このように、医療脱毛のレーザー脱毛にもエステの光脱毛にも、長所や短所はあります。

中でも気になるのは肌トラブルでしょう。その点では施術者の経験や実績に依存する部分もありますが、医療機関の施術の方が安心できると思います。

料金は?評判は?大阪の医療脱毛クリニックランキングを発表!▶

back to top