HOME » そもそも医療脱毛とは?不安解消Q&A » 【番外編】セルフ脱毛の危険性

【番外編】セルフ脱毛の危険性

このページでは、脱毛グッズなどを使ったセルフ脱毛によるトラブルなど注意点を紹介します。

注意しておきたいセルフ脱毛のアイテム別ポイント

セルフ脱毛は手軽な分、多くの人が経験していると思いますが、永久脱毛ではなく頻繁に行うこともあって、肌トラブルになりがちです。

そこで、よくあるセルフ脱毛によるリスク要因をまとめてみましょう。

シェーバーやカミソリによるセルフ脱毛

セルフ脱毛のイメージ男性が毎日ヒゲ剃りをするように、シェーバーやカミソリを使ったムダ毛処理はもっとも身近に感じられるケア方法でしょう。

しかし、カミソリ負けという言葉があるように、肌にダメージを与えているのが実情。カミソリで脱毛すると、体毛だけでなく皮膚の角層も同時に削ってしまい、炎症や色素沈着の原因にもなりかねないのです。

剃り跡がヒリヒリするのもこれが原因で、セルフ脱毛するにしてもクリームやジェルを使って深剃りしないように注意し、事後には保湿ローションなどできちんとケアをしておく必要があります。

除毛クリームによるセルフ脱毛

除毛クリームはアルカリ性の成分によって体毛のタンパク質を溶かす製品。その時点の毛を溶かすことはできても、時間が経てば体毛は再び生えてきます。

また、注意したいのが、タンパク質を溶かす成分であるということ。

敏感肌用とする除毛クリームもありますが、薬剤が含まれていることに変わりはありません。それによる肌トラブルのリスクはありますし、もし使うとしても事後の保湿には十分気を遣う必要があります。

ワックスによるセルフ脱毛

ワックスは体毛を毛根から引き抜くための製品で、強力ではあるものの痛みもあり、毛穴から細菌などが入り込んで肌トラブルを起こす危険性があります。

また、長期間使用すると毛穴周辺の皮膚が硬化してしまうともいわれているほど。できればワックスのセルフ脱毛は避けたい方法です。

セルフ脱毛で起きやすい肌トラブルとは

セルフ脱毛によって起きやすいといわれている肌トラブルについても、主なものを紹介しておきましょう。

  • 色素沈着
    上でも触れましたが、脱毛の際に角層を削ってしまうと皮膚はメラニン色素を過剰生成して黒ずみになることがあります。
    これは身体の防御本能であり、肌にダメージを与えることはマイナスです。
  • 埋もれ毛
    セルフ脱毛だと毛穴の奥にある毛母細胞は残ってしまい、そこから体毛は伸びてくるのですが、それが表面に出ない状態を指します。
    見た目は肌が黒ずんだ状態で、引っ掻いたりすると丸まった体毛が出てきますが、肌を傷つけるのはもちろん良くない行為です。
  • 乾燥や炎症
    セルフ脱毛は一定頻度で肌にダメージを与えるため、乾燥肌になったり炎症を起こすことがあります。
    これが悪化すると腫れや化膿にもなり、皮膚科にかかる事態にもなりかねません。

このように、セルフ脱毛は手軽であっても肌にとってマイナスとなる要素が多々あるということを覚えておきましょう。

back to top