HOME » そもそも医療脱毛とは?不安解消Q&A » 医療脱毛におすすめの時期はある?

医療脱毛におすすめの時期はある?

秋~冬に脱毛するのがベストタイミング

脱毛と言えば夏に行うイメージを持つ方が多いかもしれませんが、実は秋から冬にかけてが脱毛を始めるのに一番ベストなタイミングなのです。脱毛にかかる期間や、注意点などを考えると夏にはデメリットがいっぱい。日焼けによって脱毛効果が得られなくなってしまうだけでなく、施術の痛みが倍増したり、エステサロンや美容クリニックが繁忙期で予約が取れなかったりとさまざま。このページでは夏に脱毛を始めるよりも秋~冬に行なう方がよい理由を詳しく解説いたします。

日焼けした肌では脱毛効果が得られない!

脱毛中の肌にとって日焼けはNGです。日焼けしている状態では脱毛効果が十分に得られない上に施術中の痛みが強くなってしまうことも。

一般的な脱毛方法である光脱毛や医療レーザー脱毛は、黒い色素に反応する光やレーザーを肌に照射して行います。それにより毛根の下にあるメラニンという黒い物質が破壊され、毛が抜け落ち新しい毛が生える力を弱めているのです。

日焼けをするとメラニンが肌の中で大量に増加。光やレーザーを当ててもエネルギーが分散され毛根まで届かなくなってしまい、脱毛効果が弱まってしまいます。

さらに、日焼けは軽い火傷をしているような状態なので、そのまま施術を行うと施術時の痛みが倍増してしまうのです。

脱毛後も、肌はとても敏感な状態になっているため日焼けをしてしまうと赤みやひりひりとした炎症を起こす可能性があります。

ケアを心がけることで痛みや炎症をカバーすることはできますが、無理に脱毛するよりも、紫外線の少ない秋~冬に脱毛するのがベストといえるでしょう。

秋~冬なら脱毛中のムダ毛を自然に隠せる

秋から冬にかけて脱毛を行えば、脱毛施術中のムダ毛を長袖やタイツなどで違和感なく隠すことができます。

脱毛をすると1~2週間かけて徐々に毛が抜けて行くため、すぐにツルツルになれるわけではありません。

脱毛を始めたばかりであれば、抜けた後も普段どおりムダ毛が生えてきてしまうことも。

さらに、施術後しばらくは肌に負担をかけられないためムダ毛の処理ができなくなってしまうのです。

一般的な光脱毛やレーザー脱毛は、毛根の下にあるメラニンを破壊して行うため、少なからず肌にもダメージが蓄積されます。

エステやクリニックで施術を行った後は、クールダウンの処置がしっかりされますが、それだけですぐに回復するわけではありません。

ムダ毛の処理ができない期間は各エステや医療機関によって異なっており、短くて3日間から長い場合だと1ヵ月間は自分でムダ毛を処理することができないことも。そのため、露出の多い夏場に脱毛するのはおすすめできないのです。

脱毛はタイミングと回数が大事

夏になると「水着が着たい」「足を出したい」という理由から脱毛を始める方が多くいます。しかし、夏になった時点で脱毛を始めても遅いのです。

脱毛をより効果的に行うには「毛周期」のタイミングがとても重要。毛周期とは、毛が生え変わるまでの4つのプロセスのことで、長初期・成長期・退行期・休止期に分けられます。毛の状態が成長初期もしくは成長期の時期が脱毛に適した期間なのですが、成長初期・成長期の毛は頭髪を除いた全体の20%のみしかないのです。

そのため、一度の脱毛施術で効果があるのは20%程度。部位によって生え変わるタイミングも違うので、完全にムダ毛を無くすには間隔を空けながら定期的に脱毛施術を行う必要があります。

平均的には2~3ヵ月に1回のペースで通うと、3回目以降から「毛が薄くなってきた」と感じられるように。脱毛は施術回数を重ねるほど効果があがるので、夏に肌を出したいのであれば秋~冬に脱毛をするのが一番良いタイミングなのです。

脱毛サロンは秋~冬がねらい目!

「夏は肌を露出したい!」というのは誰もが考えること。服装がだんだん軽装になればムダ毛が気になってくるのは当然ですが、自分で毎日のようにムダ毛処理を行うのは結構大変。そのため、この時期は脱毛に通う方が増え、人気のエステサロンや美容クリニックなどは混みあいます。予約が取れなかったり長時間待たされてしまうなんてことも。脱毛サロンや美容クリニックは春から夏にかけてが一番の繁忙期です。タイミングと回数が大事な脱毛施術において、予約が取れずに感覚が空きすぎてしまうと、効果がなかなか得られなくなってしまいます。

そういった事態を避けるためにも混雑が落ち着く秋から冬にかけて予約を取るのがおすすめです。さらに、脱毛への関心が離れやすいこの時期には、夏とは別に割引キャンペーンを行うエステサロンやクリニックも少なくありません。1年で1番安く申し込めるところ時期でもあるので、秋~冬の時期に脱毛を始めるのがもっとも賢い選択と言えるでしょう。

back to top