痛みはあるの?

このページでは、施術の際の痛みはどのようなものか、痛みの少ない医療脱毛の施術方法と合わせて紹介します。

部位別に異なる、医療脱毛の痛み具合

医療脱毛の痛みに関する説明イメージ医療脱毛に限ったことではなく、医療行為には痛みを伴うものも多々あり、その程度は個人差や施術方法、施術者の技術などによって違ってくるもの。

一概にはいえませんが、最近の医療脱毛で技術のあるクリニックを選べば、痛みというより刺激という表現が近いくらいで、大げさに心配する必要はないでしょう。

なお、一般論として痛みを感じやすい部位はVIOラインのデリケートゾーンや脇、うなじ、ひざ下など。これには理由があって、VIOラインの体毛は比較的太めの毛が密集していることや、脇やすねなどはセルフ脱毛で体毛が太くなっていることなどに起因しているのです。

手の甲やひざなどの皮下脂肪が薄い箇所は、脱毛に限らず痛みを感じやすい部位でもあります。もちろん、これも個人差があって、口コミなどもそれなりの参考にはなるものの、それぞれの人の主観的な意見であることは認識しておきましょう。

医療脱毛の痛みを軽減する方法とは

医療脱毛ではレーザー脱毛が主流となっていますが、痛みに敏感な人に対しては軽減するための対処もしてくれるので、気になる人は遠慮せずに相談してください。

以下に主なものを3つ紹介しておきます。

施術の際に麻酔をする

クリーム麻酔は皮膚に塗ることで麻酔をするもの。術後5~6時間程度、痺れた感覚が残るケースもあります。

笑気麻酔はガスを吸入しながら施術受ける方法で、こちらは吸入を止めると効果が消え、濃度設定も調整できるので、副作用などの心配もありません。なお、麻酔は別料金がかかります。

レーザー脱毛のレーザー出力を弱めてもらう

レーザーの出力を弱めて施術を受ければ、その分刺激も弱まります。ただし、脱毛効果も弱くなってしまい、結果的には施術回数が増えることになるでしょう。

施術箇所を冷やしてからレーザー脱毛をする

これは標準でレーザー脱毛施術に組み込まれていることも多い方法で、保冷パックやジェルを使って施術箇所を冷やしておいてレーザーを照射すると、比較的に痛みが弱まる傾向があります。

なお、自分でも注意すべき点としては、肌が敏感になる生理前後日焼けした状態や肌が乾燥した状態での施術を避けること。

レーザー脱毛はせいぜい2ヶ月に1回程度の施術なので、スケジュールには余裕をもって、普段からスキンケアに注意していれば、あまり痛みを恐れる必要はありません。

頻繁にセルフ脱毛して肌トラブルになることを思えば、少々の刺激で永久脱毛できる方が良策といえるのではないでしょうか。

back to top