【最新版】大阪の医療脱毛クリニックNavi » そもそも医療脱毛とは?不安解消Q&A » 医療脱毛の前にしておくべき5つの準備とは?

医療脱毛の前にしておくべき5つの準備とは?

医療脱毛の前に準備しておくべきことには、脱毛する部位を剃毛して保湿しておくこと、費用の準備をしておくこと、日焼けやケガをしないよう注意しておくこと、予防接種の日程に注意することなどが含まれます。

医療脱毛の前に準備しておくこと

脱毛する部位の毛を処理しておく

足の手入れ

医療脱毛の2日前か前日には、カミソリかシェーバーで脱毛したい部位の毛をすべて剃毛しておきましょう。(クリニックによっては、事前に処理しないで来院するよう指示される場合もあります。)

この時、剃り残しがないように気をつけながら行いましょう。VIOラインやワキなど自分では見えづらい部位の場合は、剃り残しができやすくなります。大きな鏡で色々な角度から確認して、よくチェックしておきましょう。

もし当日に剃り残しが見つかると、クリニックで剃毛してもらう必要が出てきます。この場合追加料金となる可能性があるので、余計な出費を抑えるためにも注意したいですね。

毛が伸びるスピードが早くて剃った翌日にはチクチクし始めるという方なら、脱毛当日の朝などに処理しましょう。

カミソリ負けしやすい方や皮膚が薄いなど敏感肌の方なら、2日前か前日に処理しておいて、肌を整えておく時間を作るのがおすすめです。

身体の剃毛にフェイス用のカミソリを使う場合は、T字型やセーフティガード付などの横滑りしても安全なものを使用しましょう。

剃毛の際に肌に傷がついてしまうと、その部位の脱毛はできなくなってしまうことがあります。

注意したい点として、医療脱毛を受ける1カ月くらい前からは、毛を抜いたり脱色したりすることは避けましょう。十分な脱毛効果が得られなくなる場合があります

前処理は必ず剃毛で、と覚えておきましょう。

脱毛する部位の保湿ケアをしておく

剃毛したら、ボディクリームやローション、保湿オイルなどを塗ってケアしましょう。

剃毛語の肌は角質層を無理やり剥がされた状態のため、そのままにしておくと非常に乾燥したり、ヒリヒリと痛んだりして、脱毛によるダメージに耐えられない状態になってしまいます。

剃毛後は必ず保湿ケアを行って、肌を休ませてから脱毛当日を迎えましょう。

ちなみに、脱毛当日は何も塗らずにおくのが安全策です。

費用を用意する

当然ですが、医療脱毛の費用も忘れずに準備しましょう。

クリニックによっては医療ローンを扱っているところもあります。ローンでの脱毛を希望する場合は審査などの都合もありますので、早めに相談しておきましょう。

日焼けやケガをしないように注意しておく

脱毛する部分が日焼けしてしまわないよう、外出の際は日焼け止めを塗るなどして注意しましょう。

肌が少しでも黒くなってしまうとその分脱毛効果は薄れますし、赤みが出るほど日焼けしてしまうと医療脱毛はできなくなってしまいます。

このため日焼けしやすい方の場合は、秋から冬の間に医療脱毛を行うことが多いようです。

また、脱毛する部位にケガをしないようにも注意しましょう。

剃毛による切り傷や、日常的にできるすり傷、打ち傷なども医療脱毛の妨げになります。

予防接種の前後2週間を避けて予約する

予防接種の後には、体調を崩すことがあります。医療脱毛ではレーザーを照射するため、体調不良の時にはその症状を悪化させたり、肌にヤケドなどの炎症を起こすリスクが高まります

予防接種の前後2週間は、医療脱毛の予約をしないようにしましょう。

back to top