産毛の脱毛には医療脱毛が最適

産毛を気にする女性

産毛の脱毛は通常の毛とは脱毛方法や回数が違ってきます。

例えば産毛に効果の出やすい機器を使うなど、産毛の脱毛に適した環境を整えなければなりません。

また、トラブルが起きやすいので、その対処がしっかりとできる医療機関を選択する必要があります。

以下では、産毛の脱毛を医療脱毛で行うのが最適である理由や、使用機器などについて解説していきます。

医療脱毛での産毛処理がおすすめである理由

難しい産毛脱毛は医師による施術が安心

産毛は、色素が薄く細い毛なので、他の毛と同じように低い熱量ではなかなか処理できず、熱量の調節が難しい施術となります。

そのため、高い熱量を当てつつ、炎症が起きないように調節することも必要です。

また、顔や二の腕などのデリケートな部分の脱毛を行う際は、通常よりもリスクに気を付けなければなりません。

医療機関なら、トラブルが起きてもすぐに対処してもらえたり、薬を出してもらうこともできるので、脱毛のリスクを低くすることができます。産毛のように難しい部位の脱毛は、医師の診察を受けながらできる医療機関で受けるべきだと言えます。[注1]

[注1]日本形成外科学会:脱毛

強い出力で医療脱毛ができる

産毛処理に医療脱毛が適しているわけは、医療脱毛機器の出力の違いにあります。強力なレーザーを当てることで、なかなかなくならない産毛に対して効果的なアプローチが可能です。

ただ、医療脱毛でも産毛以外の毛と同じようには脱毛できません。産毛をなくすためには、通う回数を多くする必要はあります。

ダイオードレーザーなど産毛脱毛に適している機械がある

医療用脱毛機器を使用しても、産毛の処理は基本的に難しいものですが、機器の仕組みにより他に比べて産毛への効果が高いとされるタイプもあります。

産毛にもっとも効果が高いとされるダイオードレーザーは、細い毛にも効果が感じられるタイプです。パルス幅を調節しやすく、毛の太さや肌の色に合わせて高いエネルギーで対応でき、産毛を安全に脱毛できます。

他にもYAGレーザーという、肌の奥深くにまでレーザーが届き、肌表面のメラニンの影響を受けにくいタイプの機器が産毛脱毛に使われています。

ダイオードレーザーの最新機器に注目

産毛の脱毛にいいとされるダイオードレーザーの最新機器は、「ライトシェアデュエット」と「メディオスター」です。ライトシェアデュエットは、波長が長く肌の奥までしっかりとレーザーを届け、毛根を破壊することができます。

吸引しながら毛患部を破壊するので産毛を逃しません。同時に冷却機能がついているので、産毛の目立ちやすい肌の薄い部分の脱毛に合っています。

また、日焼けをしている肌や、肌の色と区別がつきにくい毛の脱毛に向いているメディオスターNextという機器もあります。

back to top