HOME » そもそも医療脱毛とは?不安解消Q&A » 脱毛後に気をつけなきゃいけないことは?

脱毛後に気をつけなきゃいけないことは?

脱毛当日までに知っておきたいアフターケア

医療脱毛をした当日に気を付けておくこと

医療脱毛後の肌を守るだけではなく、脱毛の効果を最大限に引き出すために、クリニックで施術した当日から正しい方法で肌をケアしましょう。ダウンタイムの少ないレーザー治療でもこまめなケアは大切です。レーザーを照射するのはほんの一瞬でも、レーザー後の肌は影響を受け続けています。当日から適切な手入れをしておかないと、あとになって深刻な肌トラブルを招いてしまうことも。

脱毛期間中に気を付けておきたいこと、医療脱毛後の注意点をまとめました。レーザーで脱毛したその日から意識してケアしておくと、脱毛の効果も高まりますのでぜひ参考にしてみてください。

湯船には浸からずシャワーのみ

脱毛当日は入浴を避けて、シャワーのみで身体を洗いましょう。湯船につかると体温が上昇して、レーザーの照射によって受けた熱ダメージの回復を遅らせ、炎症やほてりが長引いてしまいます。それだけではなく汗を出そうと毛穴が開いてしまうため、毛穴から雑菌が入ってしまう可能性も。ぬるめのシャワーで汗を流す程度にしましょう。またナイロンを使用したタオルで脱毛した部分をこするなど、刺激を与えて洗うのもNG。脱毛直後の部位に摩擦を与えると色素沈着の原因になってしまいます。やわらかい布や手でやさしく洗うことようにしてください。

シャワーを浴びるのは問題ありませんが、このとき気を付けておきたいのがシャワーの温度です。高温のシャワーは皮膚をほてらせたり乾燥させてしまったりする原因。ぬるめの温度でシャワーを浴びるようにしましょう。それでもほてりが続くようなら、冷たいタオルや保冷剤をあててケアすると◎。脱毛した部位は温めず、とにかく冷やすことを心がけてくださいね。

飲酒や激しい運動はNG!

脱毛当日に飲酒や激しい運動をしないように気をつけましょう。アルコールで体温が上昇した状態で光にあたると赤みやかゆみがひどくなり、肌を掻いてしまうなど肌トラブルの原因に。アルコールを摂取しても良い時間の目安は脱毛の前後12時間です。身体への影響は個人差があるので、脱毛前にアルコールを摂取してしまった際には、必ずクリニックの医師に確認すること。

またランニングなどの過度な運動も避けた方が◎。運動によって身体があたたまるので、皮膚に赤みやかゆみが出やすくなったり、汗が毛穴に刺激を与えてしまったりと肌へのダメージの原因になります。ジムに通っている人やランニングを日課にしている人も、脱毛当日は運動を避けるようにしましょう。

紫外線対策は日焼け止めに頼り過ぎないで!

医療脱毛を受けた後の肌は通常より敏感になっているため、紫外線の影響を受けやすい状態です。弱い紫外線でも普段より日焼けしてしまいます。クリニックから帰宅するときには必ず紫外線対策を行ないましょう。ただし、脱毛部位に日焼け止めを使用したい場合は要注意。数値の高い日焼け止めを使うと、日焼け止め成分が毛穴に過度な刺激を与えてしまうこともあるのです。普段使用している日焼け止めをクリニックに持参して、医師や看護師に相談してから使用することをおすすめします。マスクや日傘などを持参して、肌になるべく負担がかからないような対策を工夫してくださいね。

また脱毛後の肌を守るために、紫外線対策だけでなく肌を保湿することも重要です。クリームなど保湿できるアイテムを欠かさず使用してセルフケアを行ないましょう。

脱毛期間中も細やかなケアが大切

レーザーで治療したその日から大切なセルフケア。とくに脱毛期間中はこまめに肌を気にかけて、負担や刺激を与えないようにすることが重要です。とくに気を付けたいのが日焼けや乾燥。肌に負担のかからない方法で、脱毛しながらツルツルの肌に生まれ変わりたいですよね。

ここでは、脱毛後の肌をより美肌へ導くために、自宅でできる効果的なお手入れや注意点についてまとめています。

乾燥や日焼けはとくにNG!

脱毛当日からできるセルフケアで忘れてはならないのが日焼け対策と保湿。脱毛期間中は欠かさず行ないましょう。特に脱毛中の肌は紫外線に弱く、日焼けしやすい状態。肌への刺激となり炎症をおこしてしまう事例が多くあがっているので注意が必要です。外に出かける際はレーザーを照射したところが日差しにあたらないか確認し、きちんと紫外線対策をしてから外出しましょう。

また、脱毛中は乾燥も大敵です。高価な美容液やクリームを無理に購入する必要はないので、普段使いの化粧水や保湿クリームで水分と油分をたっぷり肌に補給してください。急激な温度変化も空気が乾燥しやすい状態になるので、エアコンの温度や空調にも注意して下さいね。

自己処理はシェーバーで!

レーザーで照射されたムダ毛や産毛は2~3週間ほどで自然と抜け落ちますが、どうしても抜け落ちる間のムダ毛をそのままにしておけず、残った毛が気になる方は剃ってしまっても構いません。ただし、カミソリやシェーバーを使用した自己処理を行なって下さい。絶対にやってはいけないのが毛抜きやワックスによる処理です。ムダ毛を剃るのではなく抜いてしまうと、毛根が生え変わるタイミングがバラバラになってしまい、次回の脱毛効果に影響を与えてしまいます。また毛抜きによる処理は毛穴に負担をかけて炎症を起こしやすくなるので、脱毛中でなくても避けた方が賢明です。

毛抜きによる処理を繰り返していると毛穴1つひとつの小さな炎症が慢性化してしまい、処理した部位が色素沈着を起こしてしまうこともあります。ムダ毛や産毛が皮膚の中に埋もれたまま伸びようとしてしまうこともあるので、ムダ毛が気になり抜きたくなっても我慢して、剃るケアだけにとどめましょう。

サウナや温泉、プールも控えて

脱毛後はレーザー照射の影響で肌本来のバリア機能が低下しているので、温泉やサウナ、岩盤浴などに入るのはひかえましょう。熱いお湯や空気で肌が温まりすぎて炎症を引き起こす原因になってしまいます。温泉やサウナなどの公共の浴場は多数の人が利用するため、レーザーを当てた部位の毛穴から雑菌が入りやすい状態に。またプールの水も肌にとって負担になるので避けましょう。水の消毒に使用されている塩素が肌に刺激を与えてしまうためです。脱毛してから約1週間~10日間はとにかく肌に刺激や負担を与えず、しっかりと休ませておくことが大切です。

脱毛後の自宅ケアはどうする?

脱毛後も保湿が大切

「ムダ毛」だと思っていた身体の毛も、本来は体温を一定に保ったり、熱を遮断したりする役割をもっているもの。そのため、脱毛すると皮膚表面の温度を一定に保ちにくくなり、冷えなどで表面が乾燥しやすくなります。脱毛後は保湿を欠かさず行いましょう。コットンに手持ちの化粧水やクリームを含ませてパタパタと押し込むように保湿。脚や背中などの広範囲な部位は直接手にとって塗付するだけでOKです。なかでもさっぱりタイプの化粧水や引き締め効果のあるジェルを使用すると、毛穴が引き締まってキレイに見えるのでおすすめですよ。

デリケートゾーンは圧迫やムレに注意!

デリケートゾーンを脱毛したあとも気を付けて。デリケートゾーンは衣服に加えて常に下着でも覆われているため、正しいケアを行なわないとムレや摩擦により肌に炎症や痒みを起こしてしまうことに。常にムレていると雑菌が繁殖しやすくなるので、脱毛した部位を清潔に保ちながら服装にも注意することがケアにもつながります。スキニーパンツやパンストで締め付け過ぎると、ムレだけでなく強い圧迫や摩擦を起こします。なるべくゆったりとした服装やスカートを着て、脱毛した箇所に負担をかけ過ぎないようにしましょう。

自宅でケアしても肌の黒ずみがひどくなったり、乾燥し過ぎてしまったりと肌荒れがひどい場合には、自分だけで解決しようとせず、きちんと医師に相談することをおすすめします。

back to top