【最新版】大阪の医療脱毛クリニックNavi » そもそも医療脱毛とは?不安解消Q&A » 脱毛後に気をつけなきゃいけないことは?

脱毛後に気をつけなきゃいけないことは?

脱毛当日までに知っておきたいアフターケア

医療脱毛をした当日に気を付けておくこと

ダウンタイムの少ないレーザー治療でもこまめなケアは大切です。レーザーを照射するのはほんの一瞬でも、レーザー後の肌は影響を受け続けています。

当日から適切な手入れをしておかないと、あとになって深刻な肌トラブルを招いてしまうことも。

脱毛期間中に気を付けておきたいこと、医療脱毛後の注意点をまとめました。レーザーで脱毛したその日から意識してケアしておくと、脱毛の効果も高まりますのでぜひ参考にしてみてください。

湯船には浸からずシャワーのみ

脱毛当日は入浴を避けて、シャワーのみで身体を洗いましょう。湯船につかると体温が上昇して、レーザーの照射によって受けた熱ダメージの回復を遅らせ、炎症やほてりが長引いてしまいます。それだけではなく汗を出そうと毛穴が開いてしまうため、毛穴から雑菌が入ってしまう可能性も。ぬるめのシャワーで汗を流す程度にしましょう。またナイロンを使用したタオルで脱毛した部分をこするなど、刺激を与えて洗うのもNG。脱毛直後の部位に摩擦を与えると色素沈着の原因になってしまいます。やわらかい布や手でやさしく洗うことようにしてください。

シャワーを浴びるのは問題ありませんが、このとき気を付けておきたいのがシャワーの温度です。高温のシャワーは皮膚をほてらせたり乾燥させてしまったりする原因。ぬるめの温度でシャワーを浴びるようにしましょう。それでもほてりが続くようなら、冷たいタオルや保冷剤をあててケアすると◎。脱毛した部位は温めず、とにかく冷やすことを心がけてくださいね。

飲酒や激しい運動はNG!

脱毛当日に飲酒や激しい運動をしないように気をつけましょう。アルコールで体温が上昇した状態で光にあたると赤みやかゆみがひどくなり、肌を掻いてしまうなど肌トラブルの原因に。アルコールを摂取しても良い時間の目安は脱毛の前後12時間です。身体への影響は個人差があるので、脱毛前にアルコールを摂取してしまった際には、必ずクリニックの医師に確認すること。

またランニングなどの過度な運動も避けた方が◎。運動によって身体があたたまるので、皮膚に赤みやかゆみが出やすくなったり、汗が毛穴に刺激を与えてしまったりと肌へのダメージの原因になります。ジムに通っている人やランニングを日課にしている人も、脱毛当日は運動を避けるようにしましょう。

紫外線対策は日焼け止めに頼り過ぎないで!

医療脱毛を受けた後の肌は通常より敏感になっているため、紫外線の影響を受けやすい状態です。弱い紫外線でも普段より日焼けしてしまいます。クリニックから帰宅するときには必ず紫外線対策を行ないましょう。ただし、脱毛部位に日焼け止めを使用したい場合は要注意。数値の高い日焼け止めを使うと、日焼け止め成分が毛穴に過度な刺激を与えてしまうこともあるのです。普段使用している日焼け止めをクリニックに持参して、医師や看護師に相談してから使用することをおすすめします。マスクや日傘などを持参して、肌になるべく負担がかからないような対策を工夫してくださいね。

また脱毛後の肌を守るために、紫外線対策だけでなく肌を保湿することも重要です。クリームなど保湿できるアイテムを欠かさず使用してセルフケアを行ないましょう。

脱毛期間中も細やかなケアが大切

レーザーで治療したその日から大切なセルフケア。とくに脱毛期間中はこまめに肌を気にかけて、負担や刺激を与えないようにすることが重要です。とくに気を付けたいのが日焼けや乾燥。肌に負担のかからない方法で、脱毛しながらツルツルの肌に生まれ変わりたいですよね。

ここでは、脱毛後の肌をより美肌へ導くために、自宅でできる効果的なお手入れや注意点についてまとめています。

乾燥や日焼けはとくにNG!

脱毛当日からできるセルフケアで忘れてはならないのが日焼け対策と保湿。脱毛期間中は欠かさず行ないましょう。特に脱毛中の肌は紫外線に弱く、日焼けしやすい状態。肌への刺激となり炎症をおこしてしまう事例が多くあがっているので注意が必要です。外に出かける際はレーザーを照射したところが日差しにあたらないか確認し、きちんと紫外線対策をしてから外出しましょう。

また、脱毛中は乾燥も大敵です。高価な美容液やクリームを無理に購入する必要はないので、普段使いの化粧水や保湿クリームで水分と油分をたっぷり肌に補給してください。急激な温度変化も空気が乾燥しやすい状態になるので、エアコンの温度や空調にも注意して下さいね。

自己処理はシェーバーで!

レーザーで照射されたムダ毛や産毛は2~3週間ほどで自然と抜け落ちますが、どうしても抜け落ちる間のムダ毛をそのままにしておけず、残った毛が気になる方は剃ってしまっても構いません。ただし、カミソリやシェーバーを使用した自己処理を行なって下さい。絶対にやってはいけないのが毛抜きやワックスによる処理です。ムダ毛を剃るのではなく抜いてしまうと、毛根が生え変わるタイミングがバラバラになってしまい、次回の脱毛効果に影響を与えてしまいます。また毛抜きによる処理は毛穴に負担をかけて炎症を起こしやすくなるので、脱毛中でなくても避けた方が賢明です。

毛抜きによる処理を繰り返していると毛穴1つひとつの小さな炎症が慢性化してしまい、処理した部位が色素沈着を起こしてしまうこともあります。ムダ毛や産毛が皮膚の中に埋もれたまま伸びようとしてしまうこともあるので、ムダ毛が気になり抜きたくなっても我慢して、剃るケアだけにとどめましょう。

サウナや温泉、プールも控えて

脱毛後はレーザー照射の影響で肌本来のバリア機能が低下しているので、温泉やサウナ、岩盤浴などに入るのはひかえましょう。熱いお湯や空気で肌が温まりすぎて炎症を引き起こす原因になってしまいます。温泉やサウナなどの公共の浴場は多数の人が利用するため、レーザーを当てた部位の毛穴から雑菌が入りやすい状態に。またプールの水も肌にとって負担になるので避けましょう。水の消毒に使用されている塩素が肌に刺激を与えてしまうためです。脱毛してから約1週間~10日間はとにかく肌に刺激や負担を与えず、しっかりと休ませておくことが大切です。

脱毛後の自宅ケアはどうする?

脱毛後も保湿が大切

自宅でのケア

「ムダ毛」だと思っていた身体の毛も、本来は体温を一定に保ったり、熱を遮断したりする役割をもっているもの。そのため、脱毛すると皮膚表面の温度を一定に保ちにくくなり、冷えなどで表面が乾燥しやすくなります。脱毛後は保湿を欠かさず行いましょう。コットンに手持ちの化粧水やクリームを含ませてパタパタと押し込むように保湿。脚や背中などの広範囲な部位は直接手にとって塗付するだけでOKです。なかでもさっぱりタイプの化粧水や引き締め効果のあるジェルを使用すると、毛穴が引き締まってキレイに見えるのでおすすめですよ。

デリケートゾーンは圧迫やムレに注意!

デリケートゾーンを脱毛したあとも気を付けて。デリケートゾーンは衣服に加えて常に下着でも覆われているため、正しいケアを行なわないとムレや摩擦により肌に炎症や痒みを起こしてしまうことに。常にムレていると雑菌が繁殖しやすくなるので、脱毛した部位を清潔に保ちながら服装にも注意することがケアにもつながります。スキニーパンツやパンストで締め付け過ぎると、ムレだけでなく強い圧迫や摩擦を起こします。なるべくゆったりとした服装やスカートを着て、脱毛した箇所に負担をかけ過ぎないようにしましょう。

自宅でケアしても肌の黒ずみがひどくなったり、乾燥し過ぎてしまったりと肌荒れがひどい場合には、自分だけで解決しようとせず、きちんと医師に相談することをおすすめします。

大阪の医療レーザー脱毛で知っておきたいリスクと対処法

医療レーザー脱毛は、脱毛効果が高く、医師の診断のもと安全に施術を受けられる脱毛方法ですが、万が一、トラブルが発生してしまったときの対処法や考えられるトラブルについてこちらでご紹介いたします。[注1]

[注1]独立行政法人国民生活センター:なくならない脱毛施術による危害 [pdf]

火傷

医療脱毛でレーザーの光を照射すると、毛根のメラニンに反応して熱を発します。この熱によって皮膚に軽い火傷のような症状が表れることがあるようです。

赤みが出た程度であれば、しっかり患部を冷やすことで改善される可能性が高いですが、水ぶくれなど症状が重い場合には、すぐに担当した医師に相談してください。

赤み

レーザーの照射は肌に大きな害を及ぼすことはありませんが、肌が敏感な方に多くみられるのが、患部に赤みが出ることです。

こちらも軽度の火傷と同様にしっかり冷やすことで改善しますが、1日冷やしていても改善が見られない場合は、施術担当医に相談してみましょう。

肌を冷やす際は、冷蔵の食品を購入したときなどにもらえる「保冷剤」をガーゼや薄手のタオルなどを巻いて使うのがおすすめです。

ガーゼやタオルを使用する際には、必ず清潔なものを使用するよう心がけてください。

ヒリヒリ感

施術によって炎症を起こしてしまった際に、赤みが表れると同時にヒリヒリ感を感じることがあります。

炎症を起こしていなくても医療脱毛を行った後の肌は、乾燥しやすくなっていますので、乾燥によってヒリヒリ感を感じることもあります。

まずは、しっかりと冷やし、その上で肌にやさしい保湿剤を塗布して肌を保護することが第一です。

ヒリヒリする感じが1日経っても消えないようであれば、施術してもらったクリニックで診てもらいましょう。また、クリニックで保湿剤を処方してもらえるようであれば、そちらを使用するとよいでしょう。

毛嚢炎(もうのうえん)

医療脱毛で使用するレーザーは、脱毛効果を与えると共に肌に刺激が加わるため、肌本来が持つバリア機能を低下させてしまうことがあります。

バリア機能が低下しているときに毛穴に雑菌が入って炎症を起こすことがあり、「毛嚢炎」と呼ばれます。

皮脂の多い部分や雑菌が繁殖しやすい部位の施術を行った際に毛嚢炎になりやすく、赤みがでたり、ニキビのような症状が表れます。

痛みなどが出ないので、気づきにくいですが、症状がでた場合には、すぐに担当医に診察してもらい正しく治療してもらいましょう。

硬毛化・増毛化

医療脱毛の施術を受けた際に、ムダ毛が太く、固くなったり、増えたように感じることがあります。

本来は産毛だった毛が太くなるので、脱毛効果が出ていないのではと心配になりますが、他の部分は確かにムダ毛が生えて来なくなっているので、何か皮膚にトラブルが発生したのではないかと心配になってしまう人もいるようです。

こうしたムダ毛の硬毛化や増毛化は実際に症例がいくつかあるようですが、明確な原因が明らかになっていません。

一説では、医療脱毛で毛根細胞の機能を消失させているが、本来ムダ毛が細かった毛根が活性化されてしまい、これらの症状につながっているのではないかと考えられています。

信頼できるクリニックでの施術が肝心

昔に比べると比較手に安価で医療脱毛を受けれるようになりましたが、下調べをしっかりせずに安易に目先の費用の安さだけでクリニックを選ぶことは危険な行為とも呼べます。

医療脱毛のクリニックを選ぶ際には、事前にそこで施術を受けた人の口コミなどの情報を入手して、カウンセリングなどで自分がこのクリニックで、不安なく施術を受けれるかを見極めることも大切です。

また、アフターフォローがついているかなどの項目も事前にチェックするとよいでしょう。

医療脱毛後に毛が抜けない理由

せっかく脱毛しても、毛が抜けない場合があります。その理由は色々ありますが、おもなものを5つご紹介します。

施術後、時間が経っていない場合

医療脱毛は、効果が現れるまでにタイムラグがあります。

使用する機器や個人の体質によっても違いはありますが、どんなに早くても施術後1週間を過ぎてから抜け始めることが多いです。長い場合は施術後3~4週間くらいしてから徐々に毛が抜け落ちていきます。

医療脱毛と言うと「施術後すぐにツルツルに!」というイメージがあるかもしれませんが、そうはいかないのが普通なのです。

一般的には、代謝の良い人ほど早く抜け始めるとされています。つまり年齢が若い人ほど効果が早く現れると考えられるので、年齢のことも考慮して毛が抜け始めるのを気長に待ちましょう。

低出力の機器を使用した場合

医療用のレーザー脱毛機器の中には、痛みを抑えるために低い出力で照射するものがあります。

そのような機器で脱毛した場合も、毛が抜け始めるまでにはかなりの時間がかかります。

多くの場合、脱毛完了までには4、5回に分けて施術がされますから、通常は回数を重ねるたびにだんだんと毛が抜けていくのが分かるでしょう。

毛質に合わないレーザーを使用した場合

医療用脱毛のレーザーには様々なタイプがあり、それぞれが得意とする毛の質というものがあります。

例えば医療脱毛レーザーとして広く普及しているダイオードレーザーは、産毛や柔らかい毛の人に向いているとされています。一方、ヤグレーザーというタイプは剛毛の人に向いているものです。

もし、濃くて太い毛が密集しているタイプの人がダイオードレーザーで脱毛したとしたら、あまり効果が現れないのも無理はないかもしれません。

脱毛前には必ずカウンセリングや診察があるはずなので、毛質と相性の悪いレーザーを使われる可能性は低いでしょう。

しかし脱毛から4週間以上経ってもいっこうに毛が抜けて来ない場合は、レーザーのチョイスが間違っていないかクリニックに相談してみましょう。

レーザーの照射漏れの場合

腕や足など平らな面にはめったに起こりませんが、ヒジやヒザなど凹凸やカーブのある部位はレーザーがうまく当たらず、照射漏れを起こす場合があります。

また、施術者の経験が浅かったり技術レベルが低い場合には、平らな面でも照射漏れを起こす可能性があります。

他の部分は抜け始めているのに一部の毛だけがずっと残っているなら、照射漏れを疑ってみましょう。

毛周期に問題がある場合

毛の休止期に医療脱毛を受けた場合には、毛が抜けて来ない場合があります。

毛には「毛周期」という生え代わりのサイクルがあり、成長初期、成長期、成長後期、退行期、休止期という順番でコンディションが移り変わります。

成長初期から休止期までは、おおむね2カ月程度の時間をかけて移行していきます。

医療脱毛機器のレーザーや光は成長期の毛のみに作用するため、退行期や休止期の毛に照射しても効果はないのです。

同じ部位に生えている毛でも、そのうち20%~30%の毛だけが同じタイミングの毛周期となっていることが多いようです。すべての毛が同じ周期で揃っているわけではないため、脱毛した部位にある退行期や休止期の毛は脱毛後も抜けずに残ることがあります。

この毛周期のことを考慮して、多くのクリニックでは2~3カ月ごとに1回程度と脱毛の間隔をあけて施術し、ほぼすべての毛の成長期に照射できるよう工夫しています。

使用する機器によっても異なりますが、たいていは5回前後通うことで脱毛完了となります。ほぼすべての毛が抜けるには、完了まで待つ必要もあるでしょう。

医療脱毛後に毛が抜けなかったときの対処法

医療脱毛してから3~4週間待っても毛が抜けない場合は、次の対処法を試してみましょう。

再施術が受けられるか、クリニックに問い合わせる

問い合わせる

施術した部位の毛が抜けない、またはほんの少ししか抜けて来ない場合は、施術したクリニックに問い合わせてみましょう。

クリニックによっては、再施術を無料または割引価格で行ってくれるところもあります。

もし施術した部位のごく一部だけが抜けないなら、照射漏れの可能性が高いです。その場合も自分で処理はせず、施術したクリニックに相談してみましょう。

照射漏れがあった場合の再施術は、ほとんどのクリニックで行っています。再施術の費用に関しては無料とするところもあれば、若干の費用が発生するところもあり、各クリニックの規定によって異なります。

無料での再施術を行うクリニックでは、施術後〇週間以内に連絡した場合のみなど期間に制限がある場合が多いですから、照射漏れの可能性があるなら早めに問い合わせてみましょう。

出力を上げての施術を試みる

毛の質に対して、レーザーの出力が弱すぎたことが原因で毛が抜けない場合もあります。

そんな時は、レーザーの出力を上げてもらえないかを相談しましょう。

出力を上げることが可能かどうかは、クリニックの医師が肌や毛の状態を見て判断します。出力を1段階か2段階上げるだけでも脱毛効果はかなり違ってきますから、試す価値はあるでしょう。

ただし出力を上げるということは、脱毛時の痛みが増す可能性があるということも意味します。その覚悟ができるならば、勇気を出して挑戦するのも良いでしょう。

脱毛した部位の保湿を行う

医療脱毛は、最低でも4~5回程度通って完了します。

もし1回目の脱毛で思ったほどの効果が得られなかった場合は、脱毛する部位を日頃から保湿することを実践できるかもしれません。

脱毛と保湿の関係はあまり広く知られていないことかもしれませんが、乾燥によって毛穴が黒ずんだり、毛穴の周囲の肌の色素が沈着したりすることがあります。

こうなると、医療脱毛でレーザーを当てた時に黒ずみや色素沈着した部分にエネルギーが集中してしまい、毛の組織にまで到達しないことで毛が抜けにくくなることが考えられます。

また、保湿は施術後にも必要です。

ほとんどのタイプのレーザーでは、レーザーによって毛根や毛包を破壊して毛を生えさせないようにします。

この時に、レーザーで破壊した毛根などの周囲の皮膚は水分が奪われ、カラカラに乾燥した状態になってしまいます。保湿をしないでそのままにしておくなら肌は乾燥して固くなり、毛が抜け落ちにくくなってしまいます。せっかく抜けようとしている毛が皮下で留まる「埋没毛」が起きやすくなるというデメリットもあります。

医療脱毛の効果を最大限に実感するために、施術の前後には十分な保湿を行うことも大切です。

間違った自己処理は絶対NG

思い通りに毛が抜けていかないとしても、自力で毛を抜こうとすることは絶対にやめましょう。

医療脱毛では毛を生成する組織に対し、半永久的に毛が生えないような環境を作り出すためにレーザーを当てています。せっかくレーザーを当てた毛を抜いてしまうと毛周期が乱れ、ますます抜けずらい環境を作ってしまいます。

ですから、照射漏れなどで抜けない毛が残ったとしても、ピンセットなどで抜くのは絶対にやめましょう

どうしても気になる場合は、抜かずに剃るなどして対処して下さい。

back to top