【最新版】大阪の医療脱毛クリニックNavi » そもそも医療脱毛とは?不安解消Q&A

そもそも医療脱毛とは?不安解消Q&A

このカテゴリーでは、エステとの違いなど医療脱毛とはどのようなものか、メリットとデメリットなどを含めて紹介しています。

医療機関でのみ行うことができる永久脱毛=医療脱毛とは

悩む女性のイメージ医療脱毛は医療機器を使って医師が施術するもの。エステサロンでは医療機器を使うことができないため、医療機器であるレーザー脱毛は医療機関でのみ対応しています。

また、永久脱毛という行為自体も、本来は医療機関でのみ行うことができる医療行為で、エステサロンなどの非医療機関が永久脱毛をアピールするのは消費者に誤解を与える可能性もあるわけです。

一般のイメージとしては、脱毛=エステのサービスという傾向があるかもしれませんが、自分のこととして考えるなら、医療行為は専門の医療機関で受ける方が安心できるでしょう。

そこで、詳細ページでは、医療脱毛に関する基礎知識をわかりやすくまとめてみました。

どうやって脱毛するの?

医療脱毛で主流のレーザー脱毛の仕組みとメリットデメリット、レーザーの種類について解説しています。

また、エステで主流の光脱毛のメリットデメリットについても整理してみました。いまいち医療脱毛とエステ脱毛の違いがわからないという人必見です。

脱毛方法の解説はこちら>

医療脱毛の料金相場は?

当サイトでは大阪エリアの脱毛クリニックを19院リサーチしていますが、詳細ページではそれらのメニュー料金から部位別の相場をまとめてみました。

脱毛は自由診療なので、同じようなメニューであってもクリニックによって料金設定に大きな違いがあるのです。

料金の相場はこちら>

痛みはあるの?

脱毛施術をする際に痛みを感じやすい部位や、クリニックで行っている痛みの軽減方法などを紹介しています。

レーザー脱毛は研究・改良が進んでいる機会の1つなので、施術で感じるのは痛みというより刺激といった方が合うのではないでしょうか。

刺激や痛みの解説はこちら>

脱毛後のケアと気をつけること

脱毛効果を高めるために、自宅でのお手入れや注意点についてまとめています。重要なのは、こまめに肌を気にかけて、負担や刺激を与えないようにすること。飲酒・日焼け・乾燥・紫外線など、どんな対策を立てておけば脱毛後の肌をより美肌にみちびくことができるのか紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

脱毛後のケアについてはこちら>

医療脱毛は秋~冬がおすすめ!その理由とは?

肌の露出が増える夏は脱毛のニーズが増えますが、脱毛は秋から冬にかけてするのがおすすめ。なぜなら、夏にレーザー脱毛を行うと正しく脱毛効果を得ることができないからです。より効果を得るために、秋~冬にレーザー脱毛を受ける理由やタイミング、回数などをまとめました。

医療脱毛が冬におすすめの理由はこちら>

脱毛にかかる期間ってどれくらい?

脱毛にかかる期間・回数を部位ごとに分けて解説しています。特に脇脱毛は多くのサロン・クリニックが初回キャンペーンをしているため、1度試しただけの方も多いのではないでしょうか。完璧な脱毛を望むなら、何度か通う必要があります。各部位の一覧表もあるので、ぜひご覧ください。

脱毛にかかる期間はこちら>

レーザー脱毛で肌がきれいに?医療脱毛のメリットまとめ

レーザー脱毛はムダ毛がなくなるだけでなく、開いた毛穴の改善や化粧水の浸透力アップ、肌細胞の代謝が活性化されるなどさまざまなメリットがあります。レーザーの持つ力は、脱毛効果の他にどのような効果をもたらすのでしょうか。電気針脱毛やエステサロンで行われるレーザー脱毛などと比較したメリットも紹介しています。

医療脱毛のメリットまとめはこちら>

【番外編】セルフ脱毛の危険性

クリニックに行く前、セルフ脱毛するのもよくある話。そこで、そのリスク要因や注意すべき肌トラブルなどを紹介しています。

セルフ脱毛の注意点はこちら>

クリニックによっては断られる?妊娠中の医療脱毛はホルモンバランスに悪影響

妊娠中でも医療脱毛を行いたいとお考えの女性は多いですよね。育児が始まるとムダ毛の処理をする時間も惜しいような生活が続くので、今のうちになんとかしたい!とお考えなのではないでしょうか。しかし、クリニックによっては妊娠中の医療脱毛は断られるケースもあります。

妊娠中の脱毛行為のデメリットを事前によく理解しておきましょう。

妊娠中はホルモンバランスが乱れ、様々なトラブルの原因に

妊娠中の医療脱毛のデメリットについてご紹介する前に、女性の体の仕組みについてご紹介いたします。女性の体にはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが存在しています。この二つのホルモンが、月経周期に合わせて増えたり減ったりしてバランスを保っているのです。しかし妊娠すると、プロゲステロンの分泌が非常に多くなります。

また、他にも副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)といった様々なホルモンも増えます。

こうしたホルモンバランスの変化、そして子宮の増大によって、女性の体には様々な影響が現れます。

多く報告されている症状では、悪阻に関連した消化器関連の症状、眠気、倦怠感、頻尿、便秘、イライラ感などがあります。

皮膚に関連した症状では、乾燥、色素沈着、掻痒感、体毛の増加などが報告されています。

妊娠中は肌が敏感になっているため炎症が起きやすい

妊娠中に医療脱毛をおすすめしない理由の一つとして、肌が敏感になっていることが挙げられます。さきほどご紹介したように、妊娠すると皮膚症状が現れたり、目立つ症状がない場合でも、揺らぎやすい肌状態になっています。そんな状態で医療脱毛を行うと炎症が起きてしまったり、赤みが出たりして、その後も症状が長引く可能性があります。

また、敏感になっているために医療脱毛の際に痛みを感じやすく、妊婦さんにとって大きな負担となってしまう可能性も考えられます。すでに医療脱毛の経験がある方ならまだ慣れていますが、妊娠してから初めて医療脱毛を受けるという方は、かなりの痛みを我慢しなければならないかもしれません。

特にVIOなどの敏感な部分の施術には慎重になっているクリニックが多いですので、事前によく相談しておくことが大切です。

妊娠中は毛の生え変わりのサイクルが変わる

妊娠中のホルモンバランスの乱れは毛の生え変わりのサイクルにも影響を及ぼします。妊娠中は髪やムダ毛が抜けにくくなり、場合によっては毛が増えることも。そんな状態で医療脱毛を行っても、本来の効果を実感できない可能性が高いため、クリニックでは断られることが多いのです。

妊娠中は体調も変化しやすく脱毛がきっかけになることも

妊娠中のホルモンバランスの乱れは、肌や毛だけでなく心や体調の面にも影響してきます。妊娠中は体調管理が難しく、昨日まで平気だったのに朝起きると体調が悪い…ということもよくあります。そのため、予約を当日キャンセルすることになるかもしれません。そうなるとクリニックにとっても予約に空きができてしまいます。

また、医療脱毛で長時間同じ姿勢を続けることで、腰痛や体調不良などを引き起こす可能性もあります。体調面が気になる場合は、脱毛行為は避けたほうが賢明かもしれません。

万が一の際もクリニックは責任を負うことができない

妊娠中の方の医療脱毛をクリニックが断る理由は、妊婦さんのホルモンバランスの乱れだけが原因ではありません。万が一何か起きた場合に、クリニックでは責任を負うことができないからという理由もあります。

医療脱毛と言っても普通に行うことができれば妊婦さんやお腹の赤ちゃんには影響はありません。しかし、妊婦さんの肌に薬品が合わなかった、施術を失敗したなどの場合、赤ちゃんに必ず影響がないとは言い切れないのです。

非常に大事な時期の体ですので、妊娠中の医療脱毛については今一度よく考えてから施術を受けることをおすすめいたします。

back to top