HOME » 先人に聞く!医療脱毛の体験談 » 【番外編】私が脱毛を決意した理由

【番外編】私が脱毛を決意した理由

恥ずかしがる女性のイラスト

このページでは、脱毛を決意した理由やエピソードをご紹介。ネットで見つけた実際の口コミをまとめています。

脱毛しようと思った理由は人それぞれですが、ムダ毛による失敗談や恥ずかしい経験などが多く見受けられます。日頃からのケアも大切ですが、クリニックでの永久脱毛をしておくことでうっかり恥ずかしい思いをすることも減るはずですよ。

職場で先輩とすれ違ったときに…

ある日職場で男性の先輩とすれ違ったときのこと。ふと腕が触れてしまったため、毛が思いっきり当たってしまったんです。自分でもジョリッとした感触に気づき、「先輩がそのまま通り過ぎますように!」と祈るばかりでした。しかしその思いはむなしく、「今、何か当たった?」との一言が。

からかおうとする素振りではなく、純粋に驚いていたその様子が逆に傷つきましたね。このことを機に脱毛に通うことを決意しました。

「脱毛をしていれば!」と本気で後悔した瞬間

付き合っている彼との初めての夜、肌を触られたときに「なんかジョリジョリする」と言われました。前日に鏡で見ながら念入りに毛を処理したつもりだったのですが、私の毛が結構強いのか1日でポツポツと生えてくるみたいで…(泣)。

昨日あんなに頑張ったのに、すべてがムダだと思った瞬間でした。脱毛をしていればこんなに恥ずかしい思いをすることはなかったのに…。あの時ほど後悔した瞬間はありません。

毛の処理をし忘れ、大事なリハーサルであわや…

学生時代ダンスに明け暮れていた私。舞台に立つことも度々あったのですが、その衣装は露出の高いものがほとんどでした。

舞台前はムダ毛処理にすごく気を使っていたのですが、忙しかった時期に毛の処理を数日忘れてしまったときがあったんです。そんな状況をすっかり忘れていた私は、リハーサル前の着替えのときにボーボーに生えたワキ毛を見て愕然。急いではさみで毛を切り、処理しきれなかった黒いポツポツはファンデーションを塗ってしのぎました。

リハーサル終了後、誰にもバレないようにコソコソと着替えたのは言うまでもありません。この出来事以来、脱毛に通い始めました。

毛の処理に無頓着な友人のドレス姿が悲惨なことに

脱毛も自己処理もすることなく、フサフサのまま毛を放置していた友人。私がどんなに脱毛を勧めても、「どうせ背中が見える服なんて着ないから」と一蹴される毎日でした。

そんな彼女もついに結婚することになり、「結婚式までにキレイな花嫁さんになりたい!」と言って私におすすめのクリニックを聞いてきたんです。人はここまで変わるのかとびっくりしましたが、嬉しくなった私は脱毛クリニックやエステサロンを紹介。あたたかく見守ることにしました。

しかし式当日、バージンロードを歩む彼女の背中には風にそよいだムダ毛が。予約をしただけで満足したのか、脱毛していなかったようです。参列者の視線はドレスではなく彼女の背中にむかっていたような気がします。

1日中はみ出たままの毛に気づかず…

夏のある日、友人とプールへ行ったときのことです。全身脱毛を受けて自信に満ちあふれていた私。けれど肝心のVIOは脱毛しておらず、すっかり忘れたままプールを楽しんでいました。

1日遊び尽くして更衣室で着替えていたとき、友人から「ずっと言えなかったんだけど、毛がはみ出ていたよ」と言いづらそうに指摘を受けたんです。恐る恐る下を見ると、水着からムダ毛がはみ出ているではありませんか!

恥ずかしさを感じた私は、その日すぐに脱毛を受けているクリニックへ連絡。全身脱毛のプランにプラスしてVIOも追加してもらいました。

気になっていた彼とのお泊りでの悲劇

気になっていた男性とデートを重ね、ついにお泊りすることに!間接照明のなか良いムードで行為に及ぼうとしていたのですが、私のワキをじっと見た彼から「1本残ってるよ」と半笑いで言われました。出かける前に慌てて自宅で剃ってきたからなのか、太い毛を1本剃り残していたようなのです。

穴があったら入りたいほど恥ずかしくなり、「脱毛しておけばよかった…!」と心の底から思いました。もちろん、彼とはその後会うことはなかったです。

親友にも引かれてしまった脚のムダ毛

親友とショッピングに行ったある日。自宅で着替えるときに脚のムダ毛が伸びっぱなしだったことが気になりましたが、「パンツを履けばいいか」と処理しないまま出かけました。買い物を楽しむこと数時間、あるお店で可愛いスカートを見つけて試着をすることにしたんです。

ムダ毛のこともあるので試着後の姿を見せるつもりはありませんでしたが、着替えた直後に親友がいきなりカーテンを開けてしまいました。慌てて隠そうとしましたが、時すでに遅し。私の脚を見た親友が「うわ…」と思わずもらしたことは今でも忘れられません。

back to top